高速データ技術と高周波伝送

最大限のデータ処理能力を可能にするハイスピード:年々処理するデータ量は世界中で何倍も増加しています。このような巨大な量のデータ転送を可能にするためには、高速のデータ伝送速度と安定した信号が必要です。

  • 巨大なデータ量と高速伝送速度

  • 最適なシグナルインテグリティ

  • ODUコネクタとケーブルは最適に組み合わされ試験済み

  • 標準データ技術とカスタマイズソリューションの開発

持続したシグナルインテグリティと多様なアプリケーション

高速データ技術向けのODUコネクタシステムでは、開発をめぐるわが社の長年のノウハウと、互いにぴったりと調整されたコンポーネントを揃える能力がフルに活かされています。ODUは最適なシグナルインテグリティを追求してシミュレーションし、開発します。更なる特長:堅牢さ、耐振動性、着脱回数の多さ

標準仕様であってもカスタムソリューションであっても、理想的な要素が組み合わさったODUコネクタシステムはあらゆるアプリケーション分野でお使いいただけます。

 

可能なデータ伝送プロトコル

  • Ethernet/IP®¹
  • USB®¹
  • HDMI®¹
  • DisplayPort®¹
  • SPE / オートモーティブ・イーサネット
  • その他

¹このODU特殊コネクタは、通常使われているイーサネット/IP®、USB®、HDMI®およびDisplayPort®のデータ伝送プロトコルができますが、通常のイーサネット/IP®、USB®、HDMI®またはDisplayPort®の標準コネクタとは異なります。

 

可変速度、高信頼性

ODUの高速データ伝送向けシステムソリューションはあらゆる信号を高品質で伝送します。

プロがこなすケーブルアセンブリに全部品の品質の高さが、実現する速度に大きな差を与えます。ODUは転送網全体のシミュレーションを行い、実際の条件でお望みの性能が到達できる複雑なシステムソリューションを提供します。

ODU高速データ伝送のその他の利点

  • 標準化された完全ソリューションをすぐにお届けします
  • 試験済みのシステムソリューションとしてのケーブルとケーブルアセンブリ
  • 専用カスタマイズインタフェースの開発
  • 開発段階ですでにシミュレーションと試験を実行

FAQ

ODUインタフェースコネクタは標準のデータ技術インタフェースと比べ、どのような利点がありますか?

標準インタフェースは屋内用に設計されています。反対にODUのデータ技術用システムソリューションは、過酷な環境においても極めて安全性の高い接続を提供します。また、ODUの優れた品質により高着脱回数が実現されています。

ODUシステムソリューションではどの通信プロトコルが配列でき、最大チャネル長はどれだけですか?
  • Ethernet: 100 m

  • USB®

  • USB® 2.0: 4 m
    USB® 3.2 Gen 1 x X 5 GBit/s (レーン毎):2 m
    USB® 3.2 Gen 2 x X 10 Gbit/s(レーン毎):1 m

  • HDMI®: 5 m

  • DisplayPort®: 5 m

  • SPE(シングルペアイーサネット)

  • 100BASE-T1: 15 m

  • 1000BASE-T1:15 mリンクセグメント・タイプA、40 mリンクセグメント・タイプB

  • オートモーティブ・イーサネット

  • 100BASE-T1: 15 m

  • 1000BASE-T1: 15 m

データ技術製品のためにどうしてシステムソリューションが必要なのですか?

このテクノロジーは、完全ケーブルアセンブリ済のデータ技術用システムソリューションとして、それぞれのアプリケーションに合わせて設計されます。100%エラーフリーのコンタクトを保証するには、データ技術分野では常にシステムソリューション全体から考えることが大切です。ぴったりのケーブルを実装して初めて、コネクタはお客様独自のアプリケーション要件を満たすことができるのです。

データ技術用システムソリューションとしてODUではどのコネクタを提供していますか?

データ技術用システムソリューションは、ODUの主要シリーズである ODU MINI-SNAP®, ODU AMC®そし and ODU-MAC®のどれでもお求めいただけます。これらのシリーズではそれぞれEthernet、USB®、HDMI®およびDisplayPort®プロトコルが可能です。

データ技術では、標準の接続と比べ、アセンブリでさらに注意すべきことはありますか?

データ技術の接続はイーサネットを除き、 ODU-MAC® Blue-Lineでは両端アセンブリでしかお求めになれません。これは主に、どのデータ技術ケーブルアセンブリでも高周波テストを受ける必要があることが理由です。

実行した試験の結果を記録した文書は入手できますか?

どのデータ技術のケーブルアセンブリでも、テストレポートはご要望があればお求めいただけます。そこに実行されたテストとその結果が記されています。

ODUのデータ技術用ケーブルアセンブリには、最低発注数がありますか?

いいえ、ありません。ODUのすべての標準ケーブルアセンブリと同様に、ODUのデータ技術用ソリューションにも最低発注数はなく、長さも無関係なままです。ここで唯一制限があるとすれば、伝送特性によって制限されることがある最大ケーブル長さだけです。

最高の光接続にはODU Fiber Optic

過酷な環境、多数の着脱が求められる分野、そして標準要件にぴったりのソリューション

わが社の営業チームにいつでもお気兼ねなくご相談ください

お客様の要件に適う完璧なソリューションをご一緒に開発するのが私どもの使命です。企画、生産からケーブルアセンブリまで:ODUにはすべての専門知識とノウハウが一社に揃っており、カスタムメードのソリューションが実現できます。